近年日本経済はデフレからインフレに変わろうとしています。株価も上昇傾向を指すことも増えており、長期保有しておくことも十分考えられます。

共同通信のトルコ株情報

日本円と財布

最近の世界情勢については非常に大きな変化が訪れるようになっており、日本では参議院選挙が夏に開催されますし、その動向によっては株式市場が大きく動き始める可能性も秘めています。
ブラジルにおいてはリオデジャネイロで開催されますオリンピックも控えており、南アメリカを中心とした世界規模の経済的なイベントとなってきます。

さらにはEUに関しては非常に大きな要素であるイギリスのEU脱退を決める国民投票が開始されることや、大きな事象としては、EU脱退した場合には近隣諸国に非常に大きな影響を及ぼすといったことが発生する可能性があります。
ここで、近隣諸国として大きな影響を受けるのがトルコになってきます。

共同通信などの世界の国々の経済や政治的な情勢を配信している情報源によりますと、EU加盟国からイギリスが脱退しますと現在の加盟国においては情勢不安が広がってくるため非常に大きな影響が出てくる点と、現在の加盟国が抜けてしまう可能性があることを示唆しており、今後の状況によっては組織として機能しなくなる可能性も出てきます。
さらにはEUに加盟しようとしていた国々に対しても影響が大きく出てきます。
トルコといったEU諸国と隣接している国々においては今後加盟したあとにのびてくるであろう株式などの期待もあったため、大きな失望売りも出てくるリスクをかかえています。

このような状況にあるため、今後のヨーロッパ諸国の動きについてはきっちりと把握しておく必要があります。
さらには、もうひとつ大きな影響としてはアメリカの大統領選挙がこれから控えており、選ばれる大統領によっては今後大きく世界情勢が変わってくるため、トルコに関してもアメリカとの外交が非常に注目されてきます。

サイト内検索
人気記事一覧