近年日本経済はデフレからインフレに変わろうとしています。株価も上昇傾向を指すことも増えており、長期保有しておくことも十分考えられます。

グラプ

最近の日本経済における企業に対する対応としてはとても企業に優しく、また追い風となるような対応がどんどんととられるようになってきています。
その中の一つとしては現在の日経平均株価が指し示すように数年前までは1万円を割るなど企業としても非常に厳しい状況が続いています。
その主な要因としてはデフレーションの時代に突入していたためなかなかものが売れずにさらには、ものが売れないため企業の業績が悪化していきます。
サラリーマンに対してお給料を支払う総額がどんどんと減っているような状況にありました。

このため、当時の日本政府の状況としてはあまり好ましくないと考えていました。
どのような方法をとったのかというと、無駄を排除し切り詰めていこうという政策をとっていたため、ますます世の中の人がものを買わなくなりデフレーションが加速する結果となっていました。

このような状況にあったため、日本政府は危惧しておりインフレーションを誘導するように方向転換しました。
これが民主党政権から自民党政権にかわるきっかけとなって、その後は企業の業績も円安の影響などもあり回復することとなり、日経平均株価に関しても当時の価格よりも現在では倍程度になるなど非常に好業績でした。
このような状況が株の仕組みであり、そのような値上がり益を狙っていくのが株式投資であります。

では、現在の日本政府の状況により個人の投資家がどのような資産運用をしていけば良いしょうか。
現在では日経平均株価は上昇局面にあるため、株式を保有して長期で保持しておくことがより効率的な資産運用の方法となります。
特にインフレーションが続く局面においては株価は上昇する可能性が高いためより多くの資産を増やすことができます。